top of page

アーティスト:川瀬巴水

タイトル:韓国、Chiisan Chunum Temple

シリーズ:韓国の見解補足

出版社:渡辺庄三郎

日付:1940

フォーマット:oban

 

15 1/8 '' x 10 3/8 ''

 

非常に細かい印象、色、状態。

 

ハスイ - チイサンチュナム寺院、韓国

1 000,00$価格
  • 川瀬巴水は日本政府により人間国宝に指定されており、近代日本で最も重要かつ多作な版画家の一人です。彼は、西洋美術の影響を受けた方法で従来の主題を描いた「ニュー プリント」運動、つまり新版画の有名なデザイナーでした。蓮水自身も洋画を学び、それを当時の日本の伝統的なテイストやスタイルと融合させることになります。

    初期の多くの浮世絵と同様に、巴水は光、日の出、夕暮れ、雨、雪などの劇的な雰囲気の効果を持つ風景を頻繁に作成しました。先代の有名な広重と同様に、蓮水は文字通り国中を旅し、地元の人々や風景をスケッチしたり水彩画を描いたりする「旅版画」を制作しました。蓮水の風景画には、静かで人里離れた場所が描かれていました。以前の浮世絵師とは異なり、広重と北斎は主に有名なランドマークや人気の場所の版画を制作し、多くの場合タイトルやキャプションが含まれており、これは彼らの時代の特徴でした。 

     1920 年、巴水は初めて降る雪の版画を発表し、国際的な賞賛を浴び、すぐに彼の最も有名で人気のある主題になりました。降雪後の大地の浄化は、巴水の寺院版画の鮮やかな赤と対照を成しており、依然として彼の最高かつ最も独創的な作品の一部です。