top of page

作者:歌川広重II(1826-1869)

タイトル:今戸橋と松地山 (今戸橋松内山)

件名:日光のしもふり滝。 (日光霜降の滝日光霜降の滝)

シリーズ:東部の首都の36のビュー; Tôtosanjûrokkei

出版社: SagamiyaTôkichi(Ai-To) 

日付:1862年(文久2)、6ヶ月、江戸時代

署名:広重が

フォーマット:オーバンたて-e

 

14 3/8 x 9 3 / 4 in.  (35.2 x 24cm)

 

状態:印象、色、状態に優れています

 

 

広重II-今戸橋と松内山

0,00$価格
  • 二代目広重、本名森田陳平は消防士の家系に生まれました。広重の弟子である二代目広重は、1845 年にこの偉大な浮世絵師の養子となりました。二代目広重は、1858 年に師が亡くなるまで重信という名前を使用しました。すぐに師の娘お辰と結婚し、二代目広重を名乗りました。 1865年頃に妻と離婚し、横浜に移住した。その間、版画のデザインや茶箱、提灯の絵付けなどを手がけ、重信、隆章と名乗り生計を立てていた。離婚後の数年間、二代目広重は作品の制作をやめました。生涯を通じて、二代目広重、一龍斎、一勇斎、騎斎、龍斎、龍翔、重信など、さまざまな名前を使用しました。