top of page

狐の玉藻前は、宮廷の怪しい人物が仕掛けた罠から逃げる際、だまされて九尾の狐としての本当の姿を現します。

作者:尾形月光(1859~1920)

日付: 1895 年頃

サイン:月光

発行者:松木平吉

形式: 大判 14 3/4 インチ x 9 3/4 インチ (高さ x 幅)、紙に木版印刷。

 

良好な状態、フルサイズ、夜空のボカシ、ローブの変色、メタリック顔料の酸化によるサインなど、これらの特殊な印刷技術は通常、初版作品に見られます。

尾形月光 - 九尾の狐

$0.00価格
  • 九尾の狐 玉藻前 玉藻前曦袂 (玉藻前あさひのたもと) は、日本の民間伝承の中で最も強力な妖怪 (超自然的存在) の 1 つです。日本の平安時代に生きていたと言われており、彼女の偉業の物語により、キツネは次のような地位を獲得しました。 「日本三大妖怪」。人間の姿に姿を変える魔法の能力を使って、彼女は皇帝の娘を殺害し、彼女の身元と皇居での地位を騙りました。王位を転覆するために皇帝の弟と共謀しましたが、不審な組織の一員によって彼女の陰謀は失敗に終わりました。宮廷は彼女を騙し、狐である「九尾の狐」としての本当の姿を明らかにする罠を仕掛けます。月光の版画には、九死に一生を得て宮殿から逃げ出すキツネの姿が描かれています。彼女の暗殺計画は失敗に終わりましたが、彼女の行動は日本人の怒りを引き起こし、帝国を不安定にし、日本史上最も重大な内戦の一つにつながりました。

関連商品