top of page

アーティスト:春章

主題: 六宗六宗巡礼者

日付:年頃 1780年 

フォーマット:ほそばん

 

 11 2/8 "x 5 5/8"

 

Roku(6)-shu(タイプ) を表す 仏教の6つの宗派。

 

 

春章-六宗六宗巡礼者

$4,500.00価格
  • 奈良仏教の六派は、六宗(ろくしゅう/ろくしゅう)とも呼ばれ、学術的な仏教宗派でした。これらの学校は 6 世紀後半から 7 世紀初頭にかけて韓国や中国から日本に伝わりました。[1][2] これらの学校はすべて、新設された日本政府の奈良政府によって管理されていました。これらの学校は、既存のアジア本土の仏教思想を模倣し、拡張するために設立されました。[1]

    これらの学校は、聖徳太子の治世中に設置され、仏教と儒教の教義を通じて拡大する政府の権力を高める目的で設置されたと考えられます。政府が宗教拡大に関与したため、政府の資金が壮大な寺院、彫像、絵画、特に奈良の南方七大寺院の建設に使用されました。これらの宗派のほとんどは、日本の皇室および高官の主要な仏教宗派になることを望んでいた。このため、彼らの多くは貴族にアピールしようとしました。これらの学校のテーマの多くは、心と存在に関する高度なレベルで、複雑で、ほとんど不可解なインド哲学を掘り下げていました。ただし、学校の中には、ヴィハーラの形成と運営に関するアイデアも含まれていました。これらの流派のために建てられた寺院の位置から、これらの流派は奈良仏教南六派とも呼ばれました。[1] 最終的には、これらの仏教流派の力の増大と政治における影響力が都市を圧倒し始めました。奈良の。これにより、桓武天皇は首都を平安京(京都)に移転することを余儀なくされました。また、最澄によって設立された天台宗と空海によって設立された真言宗の創設を直接奨励しました[2]。

    6 つの学校すべてが、人間の苦しみに関するゴータマ・ブッダの独自の教えと、原因、救済、絶滅に関する彼の考えを共有しました。 6 つの学派は、現象の相互依存性、究極の悟り (涅槃)、無我 (アナトマン)、および中道という下位概念を拡張する点で異なっていました。[2] これらの学派は、発展の基礎を築きました。浄土仏教の発展と、明らかに日本的な形態の阿弥陀崇拝の出現です。[3]ウィキペディアより

     

関連商品