top of page

アーティスト: 龍龍峡心斎 (1764-1820)

シリーズの「明石」、「澪つくし」、「よもぐい」の各章 源氏物語.

ブロケード carrying bag の上に置かれた日本の琵琶 (小さなギターまたはリュート) を特徴とするオブジェクトの配置で、銀粉で印刷された波の上を飛ぶ千鳥で飾られています。

日付: 約1818 (江戸時代 (1615-1868) 

フォーマット: 摺物、色紙版; 

媒体: 木版印刷。紙にインクと色、銀、グアフラージュ. 

 

8 1/8 インチ x 7 1/4 インチ  

 

良好な状態、色、印象. 

 

 

この摺物の題名は、源氏物語 chapters を参照しています。 「あかし」(第13章のレディ・アカシを指す)、「Channel Buoys」 (「澪つくし」)、 、「よもぎパッチ」(「よもぐい」) )、series  から源氏物語.   

 

香りは物語の中で頻繁に追加の衣服であるかのように説明され、源氏をテーマにした数多くの香道具や、特定の章や他の文学作品で識別された香木を比較する複雑なゲームを刺激します.同様に、音楽と箏(cat. 85)、琵琶、 、フルートの音は、物語全体で呼び起こされます。楽器は源氏の絵で飾られただけでなく、漆や織物にも絵付けされました。 (237ページより引用)

 

一見珍しいようですが、このデザインの他の印象は  color plate 325 page 261;すりものの私的世界; イェール大学、2020 年。

イェール大学アート ギャラリーを参照してください。

アクセッショ