top of page

アーティスト:吉田博

タイトル:夜のタージ・マハル、No。6

シリーズ:タージ・マハル

署名: 画像のインクでサインインした吉田、アーティストのシールヒロシ、左上にセルフプリントのジズリシール。底にプリント、 タージマハルの夜6、鉛筆でサインした吉田博

日付:1932

フォーマット:ダブルオバン

 

15 3/4 '' x 21 1/2 ''

 

細かい色、印象、状態

吉田-タージ・マハル(夜)

$5,500.00価格
  • 吉田博は20世紀の日本の画家、版画家でした。彼は、1912 年の明治以降の日本の版画の復興における主要人物の 1 人と考えられています。 *吉田博、1949 年。クレジット: Wikipedia.com

    吉田博は1876年9月19日、九州の福岡県に生まれました。旧武家の学校教師・上田常兼の次男として上田弘として生まれる。しかし、1891年に美術教師の吉田嘉三郎の養子となり、姓を名乗りました。

    1893年に絵を学ぶために京都に行き、翌年には私立学校に入学するために東京に行きました。明治美術協会にも入会。これらの機関は、200 年間の鎖国を経て 1868 年に日本が開国した後、西洋絵画を教育し、奨励していました。

    吉田は、西洋で受けた訓練と日本の伝統的なスタイルを組み合わせて実行された有名なランドマークのデザインの世界を旅するポートフォリオで有名でした。タージ マハル、ヨセミテ国立公園、グランド キャニオンは、彼が版画に取り入れた注目すべき地域です。   

    1899 年から 1901 年にかけて、吉田博はアメリカとヨーロッパを何度も訪問し、そこで展覧会を開催し、芸術的なつながりを築き、水彩画を販売することに成功しました。彼は自分の作品にとって西洋に良い市場があることに気づき、1903年から1907年にかけて義理の妹で芸術家仲間のフジオ(養父の娘)とともにアメリカ、ヨーロッパ、北アフリカに行き、帰国後に結婚した。

    それから 1920 年まで、彼は西洋で学んだ明るく軽快なスタイルで油絵と水彩画に集中しました。

    1920 年、吉田は版画を制作する洋画家を探していた版元の渡辺庄三郎 (1885-1962) のために木版画のデザインを始めました。

    悲劇的なことに、1923 年 9 月 1 日、関東大震災は横浜と東京の都市圏に災害をもたらし、ほぼ完全に焼き払われました。都市景観全体がほぼすべて木造で作られているため、火災が頻繁に問題になっていました。鎮火しない火災が東京を破壊したのはこれが初めてではありませんでした。 

    吉田さんの自宅は、彼が保管していた版木やデザインの原本とともに全焼した。同じ火災により、川瀬巴水の原画と絵画、渡辺祥津風呂の版画工房が焼失しました。 1923 年前後に渡辺のアトリエを使用していたほぼすべての新版画作家の原版は煙に巻かれ、世界中に失われました。

    震災後の数年で、渡辺は発行部数を初版100~200部以下に制限するという厳格な方針を緩めることになった。第 2 版と第 3 版の発行部数は 4 ~ 500 部にすぎませんでした。渡辺は現在、初版を 300 部発行し、さらに大量の第 2 版と第 3 版を出版していました。彼のベストセラーのデザインの多くは再彫刻され、一部のデザインは 1 万回から 2 万回も印刷されたと噂されていますが、確かなことは誰にもわかりません。 

    ヨシダは自分自身と他の人たちのために資金を集めるために再びアメリカへ向かいました。彼はアメリカ西部を旅し、優れた版画が北米で熱心に求められていることに気づきました。帰国後、彼はスタジオを設立し、独自のデザインを印刷物として制作し始めました。 1925 年以降、吉田は版画にそのキャリアを捧げ、制作のあらゆる側面を監督し、非常に高い基準を維持しました。

    日本の木版画を作成する伝統的なプロセスでは、版画の主題をデザインするアーティスト、彫師、最後に印刷者と出版社という 3 つの厳密に分離されたスキルが必要でした。この伝統的なアプローチとは対照的に、創作版画アーティストは、版画を作成するプロセス (デザイン、手入れ、印刷) はアーティスト自身が行うべきであると信じていました。 

    渡辺印刷所では、画家、彫刻家、印刷業者が平等に意見を出し合い、最終的なディレクターは出版社でした。吉田博は、デザインの最初の作成者としての絵師が最高の権限を持ち、絵師として彫刻家や摺師を監督し、そうすることで制作のあらゆる段階を指揮すべきであると信じていました。彼が以前の渡辺印刷所との関係を離れた理由の 1 つは、絵から印刷まで自分の版画を完全に管理するためでした。彼は、自分が指導する職人の才能を最大限に発揮するには、自分が指導する職人以上の技術が必要だと言い、木版彫刻と印刷技術の知識を増やすよう常に努力しました。

関連商品