top of page

浦島太郎は、子供たちの群れから命を救ったご褒美として、ふさふさした金髪の亀に乗って海中 (竜宮城) から竜宮城へ帰ります。この亀は、彼を宮殿に連れて行ったのと同じ亀です。 8世紀の民話を基にした作品。

アーティスト: 月岡芳年

シリーズ:芳年スケッチ

芳年 - 帰ってきた浦島太郎

$3,500.00価格
  • むかしむかし、「浦島太郎」という名の若い漁師がいました。ある日、浦島太郎は海辺で子供たちが亀をいじめているのを見て、亀を助けました。そして、感謝のしるしとして、亀は浦島太郎を龍宮城と呼ばれる豪華な海の城に連れて行きました。浦島太郎は城に住むお姫さま「乙姫」に感謝され、豪華な晩餐をご馳走になりました。浦島太郎は楽しすぎて、家族や地上の漁師生活を忘れて、城での贅沢な生活に夢中になりました。

    しかし、城に来てから数日が経ち、浦島太郎は地上に残した母親のことが気になり、元の世界に戻ることを決意する。乙姫は「困ったら開けて」と浦島太郎に玉手箱という不思議な箱を悲しそうに渡します。

     

    浦島太郎は箱を持って地上の村に戻ってきました。しかし、浦島太郎が城に行く前に村の状況は一変し、浦島太郎の家族はすでに亡くなっていた。浦島太郎が海で過ごした数日間の間に、地上では10年の歳月が流れていた。浦島太郎は困ってその不思議な箱を開けました。すると箱から白い煙が出てきて、幼い浦島太郎はたちまち白いひげを生やした老人になった。箱を開けると浦島太郎は現実世界に戻り、老人になってしまった。

    浦島太郎は、海の皇帝の娘であったふさふさした金髪の亀に乗って、海中 (竜宮城) の竜王宮から家に帰ります。 8 世紀のこの民話では、少年浦島太郎は良い人で、いじめっ子の群れから子亀を救うほど親切です。この話の教訓は次のとおりです。あなたがどこから来たのか、そしてあなたが大切にしている人々を忘れないでください。

関連商品