top of page

日本の近海に生息する魚を描いています。にっぽんのなじみの魚シリーズより。団日本魚理画集

画家:大野麦風(1888年~1976年)

日付: およそ1938年

出版社:京都版画

形式:大判横絵

 

状態、色、印象ともに良好です。

 

挿絵:小野バクフの魚のアートポートフォリオ、平瀬礼太、富田章、清水裕子、東京ステーションギャラリー、2013

 

この版画は、版画全体に薄い雲母が施されているため、「水族館」というタイトルで説明されることもあります。おそらくアーティストは、雲母で海と水中のサンゴ礁の輝きを模倣することを意図していたと考えられます。

大野幕府 - 日本でおなじみの魚

$1,500.00価格